プラセンタの種類:羊プラセンタ

NO IMAGE

プラセンタの種類:羊プラセンタ

プラセンタは、動物の胎盤から抽出されるエキスで、美容効果が期待できます。

その中でも豚プラセンタは、抽出機会が多く、大量に採取できるので、安定的に供給できます。

しかし、衛生面の問題などから、やや安全性に不安があります。

馬プラセンタは馬の胎盤エキスで、抽出機会の少なさから、値段も高額です。

羊プラセンタは、安全性の高さから、ヨーロッパや北米などで人気が高いです。

羊は人間の平均体重に近く、アミノ酸の組成などがほぼ同じで、人間の胎盤に非常に似ています。そのため、人の体質にもなじみやすいです。

羊プラセンタは、人間と同じ組織構造なので、拒否反応もほとんどありません。

また、羊は病気に強いため、ワクチンなどの接種をされていません。

ただし、伝達性海綿状脳症を発症する危険性があるので、羊プラセンタを選ぶ際は、品質の高いものを選びましょう。

羊プラセンタの成分は

プラセンタは、動物の胎盤から抽出されたエキスで、種類も様々なものがあります。

美容関係には欠かせない成分です。

プラセンタの摂取方法は、肌に直接塗るか、ドリンクやサプリなどで服用するかなどの2種類です。

いろいろな商品があるので、自分に合った摂取方法を選べます。

プラセンタエキスには、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。

そのため、保湿や美白、肌のターンオーバー促進やシワの改善など、高い効果が期待できます。

海外では、羊プラセンタが人気です。

しかし、日本国内では羊プラセンタの採取が行われていないため、日本ではあまり普及していません。

日本で購入できる羊プラセンタは、主にニュージーランドで育った羊が使われています。

ニュージーランドの畜産は、国の経済を支える大切な基幹産業です。国をあげて安全性とクオリティを担保するための施策が行われています。

また、日本でも綿密なチェックを義務付けているので、安全性は高いです。