プラセンタの種類:豚プラセンタ

NO IMAGE

プラセンタの種類:豚プラセンタ

女性は、美容方面にはとても高い関心があります。

現在の肌の状態や、シワやたるみなどにも気を使っているのです。

近年では、化粧品にプラセンタが入っているものがあります。

化粧品のプラセンタでは、豚プラセンタが主流です。

プラセンタとは、胎盤のことです。

胎盤は、体内で子供が育つための栄養素が凝縮されているエキスです。

豚プラセンタの品質はとても良く、栄養素が豊富に入っているので、効果が期待されます。

豚プラセンタの特徴は、肌細胞の若返りなど、加齢によって衰えた肌のエイジングケアで使用されます。

プラセンタは、胎盤エキスとも呼ばれているのです。化粧品だけではなく、サプリメントでも発売されています。

美容意識の高い人にとっては、必需品といえるでしょう。

豚プラセンタの成分

プラセンタは、動物の胎盤から抽出されています。

豚は、他の動物に比べて出産回数が多いので、大量に胎盤(プラセンタ)を採取できます。

そのため、市場で流通しているプラセンタとしては、豚プラセンタが主流です。

プラセンタは、高い品質を保つため、豚の飼育段階からしっかりと管理されています。

プラセンタを採取する予定の豚は、抗生物質が与えられずに飼育されているので、安全性も良いのです。

プラセンタは、アミノ酸やたんぱく質などが豊富です。

それ以外にも成長因子も含まれています。

成長因子は、新陳代謝を活発にし、細胞の作り変えを早めます。

成分の摂取方法としては、サプリメントと化粧品があります。

サプリメントで飲む場合は、1日に飲む量が決まっているために、それに従います。

化粧品の場合は、1回に使用する量が決まってはいますが、使用量を超えても副作用などは生じません。

過剰摂取や過剰使用に注意し、自身に合った使い方を心がけましょう。