プラセンタの種類:ヒトプラセンタ

NO IMAGE

プラセンタの種類:ヒトプラセンタ

プラセンタには、「植物由来」と「動物由来」があります。

プラセンタとは、胎盤から摂れる栄養素のことです。

最近では、類似する栄養素もプラセンタと呼ばれます。

植物由来は、植物から採取される類似成分です。

そのため、効果的にプラセンタを摂取するなら動物由来がよいでしょう。

動物由来には、馬、豚、羊、ヒトなどがあります。

ヒト由来のプラセンタは、一番品質が高いです。

ヒトプラセンタは、人間の女性の胎盤を使用しています。

したがって、人に最も適合するプラセンタなのです。

また、品質の高さを証明するかのように、ヒトプラセンタは、医療機関でしか扱われていません。

他の動物由来のプラセンタは、サプリメントや化粧品に配合されています。

しかし、ヒトプラセンタは、医療医薬品なのです。

したがって、手軽に摂り入れたいと考えている方にはおすすめできません。

しかし、ヒトプラセンタは、非常に高い効果が期待できるのです。

ヒトプラセンタの成分

ヒトプラセンタの成分は、病院などの医療機関でしか摂取できません。

ヒトプラセンタの摂取方法は、注射です。

注射には「ラエンネック」と「メルスモン」という2種類があります。ラエンネックは肝機能障害、メルスモンは更年期障害に適合するとされているのです。

美容目的ではどちらも使用されます。

ヒトプラセンタは、医療成分として使われるようになってから50年以上も経過しています。

厳重な血液検査や、品質管理がなされているため、安全性は高いです。

また、感染症の報告も国内外で一件もありません。

ヒトプラセンタは、更年期障害など、婦人科系疾患の治療に用いられる場合は保険適用になります。

しかし、美容目的で摂取する場合は、保険適用外です。

美容目的で使用する場合、クリニックによって費用が異なります。

また、使用するヒトプラセンタの種類によっても費用は変わるのです。

どの製剤を用いるのかなど、あらかじめ病院に確認しておく必要があるでしょう。